第101回スカイプ・レッスン

Medium会話サンプル「Haven’t We Met Before?」を、
日本語訳を見て英語でロールプレイ、のレッスン


わたしの発音、甲高い声でリキがはいりすぎて、どこかまだ全体的に英語として不自然なのよね。
その悩みとは別に、英語らしいめりはりも出したい。嫌味なくらい出したい。笑。
そのへん今、苦労してるところ。
前回のレッスンから、SとZ、P、V、Fなど摩擦したり破裂したりする音にも普段より気をつけて練習してみました。
面白いもので、気にし始めるとそうしなければいけなくなってくる。
前回のレッスン録音を聞くと、摩擦音破裂音、ひとつひとつの音を意識するあまりか、よけいにリキがはいってストリーム感に欠けてた。
うーん、むずかしいな。。
そこで今回は、そのあたりを直していこうと。
今回の会話サンプル「Haven’t We Met Before?」はさほどむずかしいものではなかったし、復習用のサンプルは何度もやっているうちに馴染んできたので、リキがはいりすぎないようストリームになるよう練習してみた。
頭の音に気をつけて、頭の音の音程(みたいなもの)をはずさないよう、そして一気につなげていく。
英語って、日本語とちがってひとつの音がそのあとも残るというか、うまく言えないけど、音がかぶっていく感じ、要するにストリームですね。
わかってるんだけど、それをどうやって出すか、むずかしい。
今回のレッスン録音をさっそく聞いたら、前回より明らかにストリームになってきてた。
ちょっと軽くなった感じ。
この調子この調子。
でもむずかしい。l
2012年11月07日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー